高校卒業資格または同等の資格を取得する方法とは

現在の日本では90%以上の人が高校を卒業するか高卒認定試験に合格することで、高校卒業資格を取得しています。高校卒業資格は大学・短大・専門学校を受験するのに必須ですし、パート・アルバイトも含めて仕事に就くためにも必要な資格です。

高校卒業資格の情報がてんこ盛りのサイトです。

高校卒業資格を取得するのに最もポピュラーな方法は高等学校や同等の専門学校に入学して3年以上在籍し、74単位以上の修得・特別活動30時間以上の参加の要件を満たして卒業することです。全日制の高校以外にも、定時制・通信制高校に入学してもこの資格を取得することが可能です。


高校または同等の専門学校に入学する以外にも、高校卒業資格を取得することができる方法があります。



それは、高卒認定試験と呼ばれる試験を受験して合格点を取ることです。


高卒認定試験はマーク式の筆記試験で年間あたり2回実施され、8科目を合格して18歳以上であれば高校卒業資格と同等の学力があるとみなされます。
数回に分けて受験しても構わないので、多くの人は2〜3回にわたり数科目ずつ試験を受けています。


高卒認定試験は年間あたり2回実施されるので、2回に分けて受験すれば1年で8科目に合格することが可能です。中には17歳で8科目に合格する人もいますが、このような場合は18歳になった時点で高校を卒業したのと同じとみなされます。各科目で合格点を取得する人の割合は8割前後と非常に高く、真面目に勉強をすれば1〜2年で全科目に合格することが可能です。
高卒認定試験の試験問題の出題形式や内容は大学入試センター試験とよく似ており、大学の入試対策にもなります。



そのため17歳になるまでに高卒認定試験に合格して予備校に通い、難関国立大学を目指す人もいます。